埼玉で墓じまいする時

subpage01

埼玉で墓じまいする時は場所によっては堅い決心がいる場合もあります。


墓じまいとは、今まで使っていた墓を片付ける事です。
遺骨を出し、墓石を取り除き、更地にして寺院に返却するというただそれだけの事なのですが、時によっては大変な作業になる場合もあります。東京に比べて埼玉は広い土地も多いですが、都市部では大型車両が出入りしづらい場所もあります。

埼玉の墓じまいの情報が沢山詰まったサイトです。

その為、墓地に重機車両が入れず、人海戦術で墓石を運び出さなければならない場合もあるのです。
その時は通常よりも予算がかさみます。
埼玉は都心に近い為、地方から出てきて永住する方も多いでしょう。

田舎のお墓に通う事が出来なくなったから、子供がいなくて墓守をする人がいないから、子供がいても嫁に行って墓守は頼めないから、天涯孤独で自分が亡くなったら墓守がいなくなり無縁墓になるのを避けたいから、などの理由で墓じまいをする方が多い中、墓じまい事態を良しとしない住職や石屋が存在するのも事実です。


寺院にとって檀家とは収入源なのです。お盆やお彼岸、命日などの読経、供養のお布施が収入になるため、檀家を止められると収入が減るという事になります。その為、あの手この手で阻止しようとする住職が存在するのを知っておきましょう。

気持ちが折れそうになる場合もありますが、必ず成し遂げると気持ちを堅く持ちましょう。
また、石屋も同じく、墓が存在すれば収入がありますが、墓をなくしてしまうという事は同じく収入が減るという事になります。

今、話題の便利な朝日新聞デジタルの人気を今すぐチェックしよう。

その為最後ならいっそとふっかけてくる石屋も存在します。



住職とは事前に理由を理解してもらい気持ち良く感謝の意を伝えて墓じまい出来るようにするのが良いでしょう。石屋は沢山存在しますので利害関係のない、良心的なお店を探すと良いでしょう。