千葉で進みゆく墓じまい

subpage01

継承者がいないために、お墓が無縁墓となってしまう前に、お墓を撤去するのが墓じまいです。


核家族やシングルの多い千葉でも、先祖代々のお墓が自分の住まいから遠かったり、自分以降の後継者がいないことで、お墓の今後を考えて実行する人が増えています。

文字通り、お墓をおしまいにするにあたって、墓石の撤去はもとより、納骨されている遺骨の引取り、墓地区画の返却といった手続きが必要となります。

神奈川の永代供養情報探しならこちらをご確認下さい。

実施するためには、お墓を管理しているお寺や霊園、その地域の行政への申請手続きが必要となりますし、墓じまい後の供養方法などを決めておかなくてはなりません。
お墓の撤去処分や、各種の手続きなどを請け負う業者が、千葉でも増えています。

墓じまいは、必要な書類の取得や届け出が煩瑣なことに加えて、お寺や霊園など、墓地の管理者とのトラブルも心配されますので、知識と経験が豊富な業者に任せたほうが安心と言えます。

goo ニュースに関する良い情報をご紹介するサイトです。

トラブルという点では、他の親類縁者から墓じまい自体に不満が出たり、遺骨の扱いや今後の供養などについてクレームが来る場合もあります。


その点は業者がカバーできる範疇を超えてしまいますので、あらかじめ親族間でよく話し合っておくことが肝心です。


古い考え方の人は、お墓に宿る先祖代々の魂をないがしろにすることに不安と困惑を感じます。
お墓を撤去する前の「魂抜き」など、魂を供養して墓石をただの石に還す法要をきちんと行うことが大事です。



墓石を引き取ってもらう石材店とのやりとりも、慣れている業者に相談して取り計らってもらうほうがトラブルにならずに済みます。


緑豊かな霊園の多い千葉は、墓じまいを終え樹木葬などの形式で改葬する人が、今後さらに増えていくと考えられます。